logo rennai-1.jpg


目次
1・彼女いない歴○○年

2・もてる男ともてない男の決定的な違い

3・○○に行くともてる。

4・あなたはキャバ嬢をおとしたいのですか

5・彼女いない歴、更新しても

6・相談にのりますよ。

7・恋愛に関する無料冊子のご案内



モテる技術 (ソフトバンク文庫NF)の紹介

モテる技術なる本を見つけたのでご紹介します。これを読んだらモテるのだろうか?



この本、ズバリ!「男性のためのハウツー・ラブ&サクセス指南」らしいです。一般
書籍でもこんなのあるんですね。他にもけっこうあるんですが、今回は「モテる技
術」。お求めやすい文庫本でもありますしね^^



まずこの手の本にはほんと、よく書いてあるんですが、まずは自分はモテない男とい
う思い込みをすてるところから。



「モテる/モテないは天性のもの、自分は一生モテないままなのだ」とモテない男は
思い込んでいます。そうではない!とこの本の著者は言ってくれます。 モテる/モテ
ないは「技術」なのだそうです。



なんとこの本の著者はカリスマ・デーティング・コーチ。そんなカリスマいるんです
ね。デートのカリスマが手ほどきしてくれる「モテる」技術の集大成なのです!!こ
れでモテなきゃ、あきらめろってさ!すごい自信です。たよりになりそうです^^





さて気になる内容はと言うと・・・



“誰でも”臆することなく女性に声をかけ、恋愛を手に入れられる技術についてで
す。本書の教えに従ってステップを踏んでいけばうまくいきます。

基本的にいかに多くの女とセックスするか、充実したセックスライフを送るかという
目的の下に書かれています。やはりセックス目当てか。ただし、そういう恋愛観をよ
ろしく思わないまじめな男性が読んでも学ぶところは多いです。





著者がアメリカ人で習慣の違いがあるからか、ここに書かれている技術は使えそうに
ないものも多いです。たとえば女性への声のかけやキスの仕方などはなんか違和感あ
ります。でもファッションや心構えなどは参考になります。





たとえば著者が何度も言う「泣き落としはするな」という点。男にできるのは女性を
誘うことまでなのです。無理強いしても好かれるわけないって。無駄に思いつめるこ
とも、相手に気持ちを押し付けることもNG。やめときましょう。





それと女心って超ムズカシイですよね。





女性の反応に一喜一憂するなってこと。ダメだと思ってみじめったらしくデートとか
キスとかセックスをお願いするのはやめときましょう。泣き落としはするな!





自分のプライドのためにもそうですが、本気の恋愛を成就させるためには自分に自信
をもって、女性の反応にいちいち振り回されるなと言うことなんでしょう。





そこがむずかしいですね^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。